HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

お手入れ

カーテンはそれなりに大きなものなので、本格的にお手入れするとなると結構大変です。どんなものでもそうですが、日用品は特に日頃のお手入れが欠かせません。知らず知らずのうちに汚れてしまっているカーテン。ここでは、基本的なお手入れのしかたを紹介していきましょう。

日頃のお手入れ

あまり気にならないかもしれませんが、カーテンは意外と汚れやすいものです。室内外のホコリや手垢、たばこのヤニなど…汚れの原因は様々。
どんな汚れも時間の経過とともに落ちにくくなってしまうので、日頃からこまめにお手入れしておかなければなりません。

はたきや掃除機をかける

普段から部屋の掃除をする際には、カーテンのことも気にかけるようにしましょう。はたきをかけてもいいですし、掃除機の先にブラシをつけてホコリを吸い取ってもいいです。それをするだけでもかなりカーテンの汚れはきれいになりますよ。 そのほか、カーテンレールや窓周辺の掃除も忘れないようにしてください。特にカーテンレールの汚れは、カーテンに移りやすいですし、その汚れが原因でカビが発生する場合もあるので十分注意しましょう。


洗い方

もし長年のホコリやたばこのヤニなどによって、カーテンが全体的に黄ばんでしまったりした場合は、洗わなければいけません。さらに、そういった汚れではなく、食べ・飲みこぼしや化粧品などが付いてしまった場合には、その汚れを落としてから、必要であれば洗濯するなどしなければならないでしょう。そこで、カーテンの洗い方について説明します。

汚れの落とし方

食べ・飲みこぼしや化粧品などがカーテンに付いてしまった場合、シミにならないようにすぐ拭き取りましょう。頑固な汚れは、裏に清潔な布をあてた状態で薄めた衣料用中性洗剤を含ませた布を使って上から叩くか、つまむようにして落とします。

手洗い・つけ置き洗いのしかた

カーテンを手洗いする際は、ぬるま湯または水で優しく押し洗いをしましょう。もみ洗いをする人もいますが、シワの原因になるので止めてください。ひどい汚れの場合、つけ置き洗いをします。約30〜40度のぬるま湯に30分〜1時間程度つけた後、手洗いをするか、洗濯機にかけましょう。

洗濯機での洗い方

洗濯機で丸洗いOKのカーテンの場合、まずは型崩れ防止のために洗濯ネットに入れます。普段使っている洗剤か、そうでなければデリケート衣料用中性洗剤を入れ、40度以下のぬるま湯か水で洗濯機の設定を水量“最大”・水流“弱”にして洗いましょう。普通の洗濯と同様、すすぎの際には柔軟剤の使用をおすすめします。ちなみに1回に洗うことができるのは、1〜2枚となっています。

脱水方法と干し方

カーテンを洗い終わったら、今度は脱水して干します。脱水時間は、30秒〜1分以内にしましょう。カーテン周辺の掃除をしたあとに、カーテンを元の位置に吊るして、軽くシワを伸ばしながら形を整えてください。屋外に干す場合は、陰干しにしましょう。必ず自然乾燥させるようにします。生地が変質したり縮んだりするおそれがあるため、間違っても乾燥機にはかけないようにしましょう。

アイロンのかけ方

アイロンのかけ方は、最初に「取り扱い絵表示」を確認して、そこに書かれてある指示に従いましょう。カーテンの種類によっては、アイロンがけできないものもあります。また、あて布が必要かどうかのチェックも忘れずにしてください。

だいたいの目安として、適切と思われる温度をカーテンの素材別に載せておくので、参考にしてください。

カーテンの素材

アイロンの温度

綿・麻

140〜200度(中〜高温)

ポリエステル

140〜160度(中温)

アクリル・レーヨン

80〜120度(低温)