HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

素材

カーテンの生地には、様々な素材が使われています。伸び縮みや耐久性などが素材によって異なるので、お手入れにも大きく影響してきます。また、遮光性、防音性、デザイン性といった要素も考慮して選ぶようにしてください。ここでは、カーテンの主な素材を紹介していきましょう。

化学繊維

最近は、カーテンの素材として化学繊維を使うことが多いのではないでしょうか。一口に“化学繊維”と言ってもいくつかの種類があり、主に「ポリエステル」「アクリル」「レーヨン」の3種類に分けられます。各素材の特徴を見てみましょう。


ポリエステル

ポリエステルは、“合成繊維”と言って原料に石油などが使われています。一般的に合成繊維は熱に弱いものですが、このポリエステルは熱に比較的強いことが特徴です。そのため、型崩れしにくく、丈夫で扱いやすい素材と言えるでしょう。また、光沢感や手触りの良さもポリエステルの利点として挙げられます。ただ、帯電しやすいために、汚れが付きやすいので気をつけなければいけません。

アクリル

アクリルもポリエステル同様、合成繊維になります。アクリルは、ウールのように軽量で保温性に優れています。さらに、かさ高性抜群で発色が良いことも特徴的です。一方で、熱に弱く、耐久性に劣るという欠点があります。そのため、後処理として防火加工を施すことができません。

レーヨン

レーヨンは、“再生繊維”と言って植物繊維などが原料に使われています。綿と似た性質を持った素材で、吸湿性や染色性に優れています。他の素材ともなじみやすいため、混紡・交織することが多いです。レーヨンには水に弱く、シワになりやすい欠点があるので、取り扱いには注意しましょう。水に濡れると、さらに耐久性が劣ります。

綿

綿は天然素材なので、人や環境に優しいという特徴が挙げられます。また、丈夫で染色性に優れている上、透湿性も抜群です。さらに、綿は全体に繊維が細いため、その柔らかさや手触りの良さが多くの人に好まれています。カーテン素材のほか、衣料品に幅広く用いられています。最近では、オーガニックコットンも注目されていますね。

綿は、シワになって縮みやすく最初は色落ちもしやすいので、お手入れの際には注意しましょう。そのほか、摩擦によってスレたりキズになったりしやすいことも、綿の欠点と言えます。

麻

麻もまた天然素材で、植物の茎から採れる繊維と葉から採れる繊維に分けられます。カーテンを含む生活用品に使われる麻には、リネンやラミーなどの種類があります。どちらも優れた吸湿性、硬い手触り、シャリ感が特徴です。耐水性、耐熱性、吸水性にも優れている反面、シワになりやすいですし、日光や洗濯によって色が褪せてしまうこともあるので気をつけましょう。また、ドレープ性(ヒダをとって垂れ下がる布の性質)にも劣ります。

リネン

リネンは、いくつかある麻の中でも一番肌に優しい繊維と言われています。上品な光沢感と、綿のような柔らかな質感がリネンの特徴です。

ラミー

この種類の麻には涼しげな雰囲気があり、夏用のカーテンにはおすすめの素材です。しなやかですが、独特のシャリ感も失われていません。

絹

絹はご存知の通り、蚕の繭(まゆ)から採った繊維です。天然繊維の中で唯一の長繊維が、絹になります。繭1個で600〜1100メートルの長さがあります。絹は軽量で光沢感があって、ドレープ性や発色性、保温性に優れています。また、滑らかな肌触りも絹の大きな魅力ではないでしょうか。カーテンのほか、着物やドレス、ブラウス、スカーフ、肌着などに使われています。

多くの利点がある絹ですが、高価、変色・退色しやすい…といった欠点があることも忘れてはいけません。素材の1つとして取り上げましたが、日光にも弱いことから実際のところ、カーテンの生地として使われることはほとんどありません。