HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

カーテンレール

カーテンレールがなければ、部屋にカーテンを取り付けることはできません。おしゃれな空間を演出するためにカーテンだけではなく、アクセントとして役立つカーテンレールにも着目してみませんか?ここでは、そんなカーテンレールについて紹介していくことにしましょう。

種類

カーテンには気を使っても、カーテンレールのことは何も考えていない…という人が意外に多いのではないでしょうか。カーテンとカーテンレールのテイストを合わせることで、おしゃれ度がグンとアップします。カーテンレールの種類を紹介しましょう。

一般レール(機能レール)

一般レールは機能レールとも言われていて、単純な構造のスチール製カーテンレールです。多くの住宅で使われているのが、この一般レール(機能レール)ではないでしょうか。ちなみに、分譲住宅や賃貸住宅にはあらかじめ備え付けられている場合もあります。ランナーと呼ばれる金具の滑りもよく、充実した機能面が特徴的です。ですが、一般レール(機能レール)は装飾性を重視していないことが多いため、カーテンを掛けたときにレールが隠れるような状態になっています。

装飾レール

装飾レールとは、その名の通り、装飾性に優れているカーテンレールです。様々なデザインと素材があります。この装飾レールの場合、カーテンを掛けたときにレール本体が見えるような状態になっています。装飾レールをおしゃれアイテムの1つとして取り入れてみませんか?カーテンのスタイルに合わせて選びましょう。最近は、装飾レールの中でも高き機能性を持ったものも登場しています。

曲げ加工レール

曲げ加工レールはカーブレールとも言われていて、窓の形に合わせて加工することができるカーテンレールです。主に出窓など多角形の窓には、この曲げ加工レールが使われています。また、窓だけではなく、コーナーの間仕切りにカーテンを吊るしたい場合にも便利です。中には、工具を使わず手で曲がるタイプもあります。

素材

カーテンレールには、一体どんな素材が使われているのでしょう?大きくは「金属製レール」と「木製レール」に分けられます。カーテンスタイルや部屋の雰囲気に合わせて、選びましょう。

金属製レール

最近は、スタイリッシュな印象の金属製レール(アイアンタイプ)を好む人が増えてきました。古典的なヨーロピアン調のものや、シンプルなデザインのものなどバリエーションが豊富です。さらには、ひと言で金属製レールと言ってもステンレスやアルミ製以外に、真鋳性の豪華なものなど、幅広い素材が揃っています。

木製レール

その温もり感から、木製レールも根強い人気を誇っています。木は装飾を施しやすいため装飾レールによく見受けられます。床がフローリングになっていることが多い現代の住宅では、木製レールなら部屋に馴染みやすいでしょう。素材は天然木以外に、パイプに木製の樹脂をコーティングした木目調のカーテンレールも多く出回っています。

カーテンレールと窓

カーテンレールを選ぶときには、窓の位置にも気をつけなければいけません。カーテンを掛けようと思っている窓のそばにクローゼットやエアコンがある場合、それらにカーテンレールがぶつからないように注意しましょう。そのほか、カーテンを開けた際に両端に“たまり”ができるので、その分を考慮してカーテンレールは片側約10センチの余裕をみたほうがいいでしょう。全体的には窓の幅よりも20センチ程長いものであれば間違いないです。ただ、取り付けスペースについて考慮することも忘れないでください。

今は見せる時代!

カーテンを開閉しやすく、開閉時の音にも配慮した機能性が嬉しいカーテンレールは、前途のように、装飾性に乏しいこともあってそれ自体は見えないようになっています。ところが、最近は一般レール(機能レール)にも装飾を施した製品が販売されるようになりました。このタイプなら機能性・装飾性ともに優れています。

装飾レールの中にも、機能性を追及したものが出てきましたが、このことからも今はもう2種類のカーテンレールを違った特徴を持つものとして考える必要はないのかもしれません。