HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

色

カーテン選びで大切なことはいくつかありますが、色も重要なポイントの1つになります。カーテンの色によってかなり部屋の雰囲気が左右されるので、部屋との調和を念頭において決めるようにしましょう。ここでは、カーテンの色について解説していきたいと思います。

温度を感じる色

私たちの身の回りには、様々な色が溢れています。普段何気なく目にしている色から“温度”を感じ取ることができますね。例えば、赤は暖かくて、青は寒いという印象がありますね。何種類もの色がありますが、それを分類するときに一般的には「暖色」と「寒色」に分けます。

暖色

暖色は、赤やオレンジ、黄色などの色で暖かさを感じさせます。色そのものが飛び出して見えるので、圧迫感を覚えます。また、膨張して見えたり、時間の経過が遅く感じたりします。

寒色

寒色は、青や緑、紫などの色で寒さを感じさせます。これらの色は、後ろに下がったように遠くに見える感じがします。また、伸び縮みして見えたり、時間の経過が早く感じたりします。

色の特徴

それぞれの色には、特徴があります。すべての色の特徴は紹介しきれないので、カーテンに多い色の系統ごとに見ていくことにしましょう。


白系統

白は、どんな色とも相性の良い色です。活動的になり、心を浄化してくれる効果があります。白は、心機一転新しいことを始めたいと思っている人に適した色と言えるでしょう。

黄色系統

明るく賑やかなイメージの黄色は、幸福をあらわす色でもあります。神経を刺激して、集中力を高めたり、テンションを上げる働きを持っています。

オレンジ系統

ビタミンカラーのオレンジは、元気を与えてくれる色です。オレンジには、精神的な緊張を和らげたり、胃腸の働きを活発にしてくれる効果があります。

ベージュ系統

ベージュはナチュラルな印象で、一番取り入れやすいかもしれませんね。飽きのこない色で、リラックス効果抜群です。

茶系統

落ち着いた印象の茶色は、たくさんの人に親しまれています。自然の色に近く、精神状態を安定させる効果が期待できます。

グリーン系統

木や草花を連想させるグリーンは、安心感をもたらしてくれる色と言えるでしょう。心身ともにリラックスしたいときに、おすすめの色です。

青系統

さわやかな印象の青は、清潔感や知性を引き出す色と言われています。また、青には鎮静作用があるため、眠りを誘う効果があります。

ピンク系統

ピンクは癒しの色と言われ、穏やかな気持ちにさせてくれます。そのため、ストレスが溜まってイライラしがちな人に向いています。また、アンチエイジング効果も期待できます。

赤系統

暖かさを与え、気力回復に役立つ赤には食欲増進の効果もあります。広範囲ではなく、ワンポイントに使うことをおすすめします。

部屋の雰囲気

色の特徴が分かったところで、カーテンと部屋との調和を考えましょう。窓にどんな色のカーテンを掛けるかによって、部屋の雰囲気が異なります。窓を目立たせるのか、窓を部屋に馴染ませるのか、部屋全体を落ち着いた同系色にするのか、それともカラフルな色でまとめるのか…どんな雰囲気に仕上げたいのかは人それぞれです。カーテンの色を上手に使いたいものですね。

部屋別おすすめカーテン

部屋ごとに似合うカーテンを紹介していきましょう。自分の好みだけではなく、カーテンの様々な効果(色・デザインなど)を考えながら選んでください。

リビング・ダイニングルーム

家族共用スペースのリビング・ダイニングルームは落ち着ける空間にしたいですね。それには、カーテンもできるだけ他の家具と同系色にまとめるといいでしょう。ベージュ系や薄いオレンジ系のカーテンがおすすめです。また、ダイニングルームあるいはキッチンにはアクセントに赤を使うのもいいです。

寝室

寝室は、1日の疲れを取るための大切な場所になります。心地よく眠るためにも、目に優しい落ち着いた色がいいでしょう。さらに、カーテンとベッドカバーなどの色を揃えると一体感を出すことができます。寝室には、グレーや淡いピンク、青系のカーテンがおすすめです。あまりにも濃い色のものは避けてください。

子供部屋

子供部屋は、子供の大切なプライベート空間です。子供が成長しても使っていくことができ、飽きのこないチェックやストライプ柄のカーテンが人気を集めています。小さなうちは赤や黄色などポップな色合いのカーテンも可愛いのではないでしょうか。

和室

日本建築の代表例とも言えるのが、和室です。木や和紙、竹などの素材を取り入れながらコーディネートしましょう。グリーン系やベージュ・茶系といった色のカーテンがおすすめです。また、和室には普通のカーテンのほか、プリーツスクリーンなども適しています。