HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

ݥ󥵡ɥ

既製品とオーダーカーテン

カーテンを購入しようとする際、みなさんは既製品を選びますか?それともオーダーカーテンを選びますか?どちらのカーテンにも、それぞれメリット・デメリットがあります。ここでは、既製品とオーダーカーテンの特徴などを紹介していくことにしましょう。購入時の参考にしてください。

既製のカーテン

既製品は、すぐカーテンがほしいときに助かります。他のインテリアにはこだわったけれど、カーテンは既製品で済まそう…という人もいるのではないでしょうか。サイズや色などは限られていますが、値段の安さが魅力的です。既製品にもメリット・デメリットがあるので覚えておきましょう。

メリット

デメリット

  • 当日持ち帰ることができる
  • 値段が比較的リーズナブル
  • 縫製仕様が統一されている
  • サイズが限定される
  • 規定の窓にしか合わない
  • デザイン・スタイルのバリエーションが少ない
  • ボリュームが決まっている
  • 生地の種類が限定される


オーダーカーテン

手っ取り早く既製品を購入しようと思う人がいる一方、自分の好みのスタイルやデザインにできることから、オーダーカーテンを購入する人も増えています。家ごとに違う窓サイズに合わせて、ピッタリのものを作れるのが嬉しいですね。オーダーカーテンの場合、メリットばかりが目立ちますが、デメリットも頭に入れておいてください。

メリット

デメリット

  • サイズを合わせ、どんな窓にも対応できる
  • デザイン・スタイルのバリエーションが豊富
  • 素材・値段に応じてボリュームの調整が可能
  • 生地の種類が豊富
  • 細部まで好みの仕様にできる
  • 当日の持ち帰りができない
  • 生地・スタイルによって値段の幅が広い

既製品とオーダーカーテンの違い

上記のこと以外には、既製品とオーダーカーテンとの間にどのような違いがあるのでしょう?オーダーカーテン人気の理由が分かると思いますよ。

高品質

最近、少しくらい高くてもオーダーカーテンの購入を検討する人が増えている理由の1つに“品質の良さ”が挙げられます。これも、既製品とオーダーカーテンの大きな違いと言えるでしょう。もちろん、既製品がみんな低品質というわけではありませんが、オーダーカーテンにはより高品質な生地を使っていることが多いです。

丁寧な縫製

縫製に関しても既製品があらかじめ大量生産されているため、中には少し雑な作りのものがあるのに対し、オーダーカーテンは丁寧に1枚ずつ注文加工します。そのため、ちゃんと手入れをしていれば長く使い続けることができます。カーテンが汚れる都度、買い替えているような人は、長く愛用することを考えたらオーダーカーテンがいいかもしれません。

注文する際の注意点

オーダーカーテンの人気が少しずつ高まってきたとはいえ、まだ分からないことも多いはず…。そこで、注文する際の注意点を見てみましょう。

注文するとき…

カーテンを注文する際に覚えておかなければならないことは、注文後の寸法変更不可、キャンセル不可、返品不可…というお店が多いことです。いざキャンセルせざるを得なくなったときに実は…なんてことにならないよう、これらの点は前もってお店に確認しておきましょう。

採寸するとき…

カーテンを注文してしまってから寸法が違うことに気付いても、変更するのが難しい場合もあります。そんなミスをしないためには、カーテンサイズをしっかり測らなければなりません。というわけで、採寸のポイントを紹介しましょう。

  • カーテンレール取り付け後に測りましょう
  • 金属製のメジャーを使いましょう
  • どこまで測ったかをメモしましょう
  • 必要な長さを確認しましょう。
  • フックのA・Bを確認しましょう。

※フックに関する詳細は、【サイズ】のページを参照してください。