HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

サイズ

別のページでもカーテンサイズの測り方について軽く触れていますが、カーテンを選ぶときには、サイズの確認が重要なポイントになります。ここでは、カーテンのサイズについて説明していくことにしましょう。購入前にどれくらいのサイズのカーテンが欲しいのかをちゃんと確認することをおすすめします。

サイズ測りはプロにお任せ

インターネットで様々な家具屋や専門店などのサイトを見ると、“カーテンを購入する際には、そのサイズをしっかり測りましょう”と書かれています。すると簡単に測れるように思ってしまいますが、“測り始めの位置がずれていた”など少しのミスで希望のカーテンが手に入らない…というようなことになります。ここは、プロにお願いしたほうが確実です。もしカーテンを購入するお店が決まっているなら、そこで頼んでみましょう。たいていのお店はカーテンサイズを測るのと共に、カーテンレールの取り付けもしてもらえるので安心ですね。

測り方のポイント

サイズ測りはプロに任せたほうがいいといっても、カーテンを通販で購入しようと思っている場合にはそうはいかないでしょう。どうしても自分で測らなければならないときは、しっかりポイントをおさえて、慎重に採寸することが大切です。何度か測って、間違いがないかをよく確認してください。

どんなことに注意して採寸すればいいのか、ポイントを見てみましょう。ここでは、ドレープカーテンを例に説明しています。必要な長さはカーテンの種類によって異なるので、十分注意してください。できれは、カーテン用のメジャーがあると採寸しやすいですね。

まずはカーテンの幅を知るために、今使っているカーテンレールの長さを測りましょう。両端の飾りは入れずに、測ってください。そうして出た長さを1.5倍にすると、ちょうど良くなります。

高さ(丈)

次は、窓の高さ(縦の長さ)を測りましょう。カーテンレールに付いている金具のから測り始めます。そして、掃き出し窓の場合には床まで、腰窓の場合には窓枠の下12〜15センチのところまで採寸します。

主なサイズ

オーダーカーテンは窓のサイズを測り、それに合わせて作ることができますが、既製のカーテンの場合はどうでしょう?既製のカーテンを選ぶ際にも、窓サイズが重要なことに変わりはありません。窓の種類ごとの既製カーテンのサイズを紹介します。下記のサイズのカーテンが2枚必要になります

掃き出し窓

掃き出し窓に取り付けるカーテンの主なサイズです。

窓(幅×丈)

カーテン(幅・丈)

170〜200センチ×180センチ

100×178センチ

170〜200センチ×202センチ

100×200センチ

170〜200センチ×222センチ

150×220センチ

270〜300センチ×180センチ

150×178センチ

腰窓・高窓

腰窓・高窓に取り付けるカーテンの主なサイズです。

窓(幅×丈)

カーテン(幅・丈)

170〜200センチ×120センチ

100×135センチ

170〜200センチ×90センチ

100×105センチ

カーテンフックについて

カーテンフックの種類によって、カーテンの仕上がり丈が違ってきます。そのため、カーテンの採寸時には、フックのことも考慮するようにしましょう。ちなみにカーテンフックとは、カーテンをレールに掛ける際に必要なプラスチック製部品を指します。

Aフック

Aフックは、カーテンの上からフックまで1センチです。このタイプのカーテンフックは装飾レールによく使われ、カーテンを閉めてもレールが隠れません。

Bフック

Bフックは、カーテンの上からフックまで4センチです。このタイプのカーテンフックは一般レールによく使われ、カーテンを閉めるとレールが隠れてしまいます。

アジャストBフック

アジャストBフックは、カーテンの上からフックまで3センチです。このタイプのカーテンフックは一般レールを天井付けにする場合によく使われ、Bフック同様、カーテンを閉めるとレールが隠れてしまいます。