HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

カーテン

カーテンにも様々な種類がありますが、ここでは、一番使っている人が多いと思われるオーソドックスなカーテンについて紹介しましょう。「カーテン」は、いくつかのスタイルに分けることができます。一般的なカーテンには、どのような特徴があるのでしょうか。

生地による分類

一般的なカーテンは、その生地によって数種類に分けられます。代表的なものは「ドレープ」と「レース」の2種類ですが、ほかにも「プリント」と「ケースメント」があります。

ドレープ

重みのある厚手の生地が「ドレープ」と言われていて、柄物と無地があります。装飾性に優れているだけではなく、遮光性や遮蔽性、防音性、断熱性など充実した機能を備えているのがドレープの特徴と言えるでしょう。このような装飾性・機能性の高さから、ドレープタイプのカーテンは多くの人に親しまれています。

レース

「レース」は、薄手で透明感のある生地になります。こちらはどちらかと言うと、機能性よりも装飾性のほうに重点が置かれています。このタイプは、ドレープカーテンやプリントカーテンと共に使われることが多いですが、高級品であれば単品で用いることもあります。また「レース」については、【レース】のページでより詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください。

プリント

平らな生地に、様々な柄をプリントした生地です。柄を織り出していくドレープとは異なり、自由な表現ができます。プリント生地のカーテンは、動きのあるおしゃれな空間を演出してくれることでしょう。ただ柄物なので、注意しなければ部屋の雰囲気とは合わなくなってしまいます。

ケースメント

レースのような軽さとドレープのようなボリューム感を両方持ち合わせているのが、「ケースメント」という生地です。見た目はレースに見えますが、色々な素材の太い糸でザックリ編まれているため、適度な重厚感があります。単品はもちろんのこと、通りに面している窓ではドレープカーテンと2枚吊りにしてもいいでしょう。独特の風合いが、高い人気を集めています。

形による分類

カーテンは、形によって「普通のカーテン」と「スタイルカーテン」の2種類に分類することもできます。

普通のカーテン

カーテンレールに付いたフックに取り付けて、左右の水平方向に開閉するタイプのカーテンです。私たちが一番見慣れているカーテンと言えるでしょう。

スタイルカーテン

上下方向に開閉するタイプのシェードや、様々な縫製スタイルのカーテンを「スタイルカーテン」と言います。数多くの種類があり、どれも装飾性に優れています。

ヒダ

カーテンスタイルの要素の1つとして、ヒダ(プリーツ)が挙げられます。

2倍ヒダ

2倍ヒダは、カーテンの一般的なスタイルになります。カーテン1メートルにつき、2メートルの生地を使うため、ボリュームのあるカーテンに仕上がります。2倍ヒダの場合、ヒダ山は3つ山になります。

1.5倍ヒダ

1.5倍ヒダは、既製のカーテンに多く用いられるスタイルです。カーテン1メートルにつき、1.5メートルの生地を使います。1.5倍ヒダの場合、ヒダ山は2つ山になります。

ヒダ無し

ヒダ無しはノンタックとも呼ばれ、とてもシンプルなカーテンスタイルです。カーテン1メートルにつき、1メートルの生地を使うため、ヒダ山ができません。

デザイン

みなさんはカーテンの色や柄など、どんなデザインがお好みでしょうか。部屋をコーディネートする際、こういうふうにしたい!と色々イメージを膨らませることでしょう。そのイメージを明確にするために、カーテンのデザインが役立ちます。

クラシック

クラシックはヨーロッパ風のデザインで、豪華さの中に見られる伝統を重んじた優雅さが特徴的です。また、深紅や紫紺などの濃い色調からは、格式の高さが感じられます。

エレガント

エレガントはクラシックと同様のフォーマルスタイルなデザインに加え、女性らしい柔らかさが特徴的です。透明感のあるものや、淡い明るさの色調が人気を集めています。

モダン

モダンは、シンプルなデザインとも言えるでしょう。色調は白・黒のモノトーンをはじめ、ベージュやブラウンといったものが主に用いられています。

カジュアル

カジュアルはエスニック調などのデザインで、若々しい明るさが特徴的です。色調としては、アイボリーやベージュといったナチュラルなものが挙げられます。

和風

和風の柄や色調のデザインで、最近少しずつ注目され始めています。色調はグリーン、ブラウン、グレーなどが中心です。