HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

スクリーン

カーテンの一種としてのスクリーンは、“つい立て”“間仕切り”“幕”といった意味を持っています。その意味通り、カーテンとしてだけではなく、ちょっとした間仕切りや目隠しのためのタペストリーなど様々な使い方ができます。ここでは、そんなスクリーンの種類や特徴などを紹介しましょう。

スクリーンの種類

スクリーンは大きく「ロールスクリーン」と「プリーツスクリーン」の2種類に分けられます。両方とも上下に開閉するタイプのカーテンになります。それぞれの特徴を見てみましょう。


ロールスクリーン

プロジェクターのスクリーンのようなロールスクリーンは、横にあるヒモを引っ張ることで生地を上下させて開閉します。上げる際には、生地をロール状に丸く巻き取っていきます。このロールスクリーンはカーテンのように窓に取り付けるだけではなく、空間の間仕切りなどにもよく使われています。主にリビングやキッチン、階段などに用いられます。

プリーツスクリーン

生地がツルっとしているロールスクリーンとは違い、ギザギザのヒダ状になっているのがプリーツスクリーンの特徴です。そのため、プリーツスクリーンを上げる際には、ヒダに沿ってたたみ上げられる状態になります。このような特徴から、ロールスクリーンとブラインドの中間と言えるでしょう。玄関や廊下の小窓、和室などに用いられます。

スクリーンの生地

スクリーンの生地も、カーテンに使われているような装飾性の高いものが多く見受けられます。ロールスクリーンとプリーツスクリーンの生地には、どのような違いがあるのでしょう?


ロールスクリーン

ロールスクリーンの場合は装飾性の高い布地が中心ですが、巻き乱れを防止するために、樹脂加工を施している点が特徴として挙げられます。この加工を施すことで、生地に張りを持たせることができます。なので、伸縮性のある生地や厚手の生地、凹凸が多くある生地などはロールスクリーンには適していません。ウォッシャブル機能や遮光性の高いものなど、様々な種類があります。

プリーツスクリーン

プリーツスクリーンには、和風の薄い生地が多く使われています。ポリエステルなどの化学繊維のほか、防火加工が施された和紙などが用いられることもあり、色や柄といったバリエーションの豊富さが特徴的です。ロールスクリーン同様、ウォッシャブル機能や遮光性の高いものもあります。

隙間に要注意!

ロールスクリーンやプリーツスクリーン使用時に、注意したいことはスクリーンを2枚並べて取り付けた際、どうしても隙間ができてしまうことがあります。目隠しを目的にしたり、日差しが入らないように遮光性のあるスクリーンを選んでも、隙間から光が漏れてしまっては意味がありません。そのような場合は、窓全体を覆うように取り付けるか、または他の種類のカーテンと組み合わせるなどして工夫するといいでしょう。

操作方法

ロールスクリーンとプリーツスクリーンの操作方法を紹介しましょう。昇降装置の構造によって、いくつかの種類に分けられます。

スプリング式

スプリング式は、ロールスクリーンの操作方法です。巻き取りチューブに付いているスプリングによって、ウエイトバーにあるコードを下に引くと、スクリーンが下がっていきます。1〜2センチ下に引いて、手を離すと上がります。

コード式

コード式は、ロールスクリーン・プリーツスクリーン両方に取り入れられている操作方法です。左右どちらかにあるコード(ひも)を、引っ張るとスクリーンが上がっていく仕組みになっています。好きなところでコードを引くのをやめると止まり、また少し引くと勝手に下がっていきます。

ドラム式

ドラム式は、プリーツスクリーンの操作方法です。スクリーン上部の真ん中にあるドラムで、コードを巻き取るように引っ張る仕組みになっていて、均等かつスムーズに引っ張ることができます。手前のひもを引くと巻き上がり、奥のひもを引くと下がります。

電動式

電動式は、ロールスクリーン・プリーツスクリーン両方に取り入れられている操作方法です。小型のモーターがスクリーンに内蔵されていて、リモコン操作でスクリーンを上下させます。天窓など高くて手の届かない場所にある窓に用いられています。