HOME
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー

スポンサードリンク

シェード

昇降機能によって、生地が上下に開閉するタイプのカーテンを「シェード」と言います。この種類のカーテンは、一般的に「ローマンシェード」とも呼ばれていますね。窓辺がすっきりすることから、最近特に人気が高まっています。ここでは、そんなシェードについて紹介しましょう。

シェード(ローマンシェード)の種類

普通のカーテンは左右に開閉しますが、シェード(ローマンシェード)は横にあるコード(ひも)を引っ張ることで開閉するカーテンになります。
代表的なシェード(ローマンシェード)の種類をいくつか見てみましょう。


プレーンシェード

プレーンシェードは下げた際に、カーテン生地の表面にヒダやギャザーが生じません。お手頃な値段とシンプルさで人気を集めています。

このプレーンシェードの中には、ダブルシェードというものがあります。これは、ドレープとレースを使う普通のカーテンのように2枚使いができるというもので、カーテン生地を2枚取り付けられるようになっています。

シャープシェード

シャープシェードはプレーンシェードと似ていますが、生地の裏に細いバーが付いている点で異なります。このバーのおかげですっきりとシャープにたたみ上げることができ、なおかつシワも生じません。

ピーコックシェード

ピーコックとは、英語で「孔雀」を意味します。ピーコックシェードは、たたみ上げた際に裾が孔雀の羽のように広がることから、このような名前が付けられました。裾の部分が上がりきらないため、少し室内が暗くなります。

バルーンシェード

バルーンシェードは少したたみ上げた際に、裾が膨らんで風船のように見えることから名付けられました。ヒダやギャザーのバリエーションが豊富で、様々な表情を見せてくれますが、かなり高価なのが難点です。

オーストリアンシェード

オーストリアンシェードは、全体に細かなタックが付いています。さらにレースのような薄い生地が使うことが多いため、とても上品な雰囲気が漂います。機能性よりも装飾性を重視しているので、きれいな模様が見えるように下げた状態のままにしておきます。

シェード(ローマンシェード)の生地

シェード(ローマンシェード)の生地は、普通のカーテンと同様で、特に変わった生地は使われていません。生地の組み合わせが自由自在なので、バリエーション豊富です。そのため、普通のカーテンともコーディネートしやすいのが嬉しいですね♪

人気の理由

最近は、シェード(ローマンシェード)を購入する人が増えています。その人気の理由は…部屋を広く見せることができるからです!フラット感が大きな特徴として挙げられますが、そのおかげで窓辺だけでなく、部屋全体が広く見えます。また、デザインが豊富なのでおしゃれなインテリアとしても注目されています。

さらに、大きな窓にはカーテン、小さな窓にはシェードというように使い分けても、両方同じ生地を選べば質感などを統一することができます。そうすることで、部屋全体にまとまり感が出ます。

操作方法

シェード(ローマンシェード)は昇降装置の構造によって、「コード式」と「ドラム式」の2種類に分けられます。

コード式

コード式は、左右どちらかにあるコード(ひも)を、引っ張るとシェードが上がっていく仕組みになっています。好きなところでコードから手を離すと止まり、解除すれば勝手に下がっていきます。

ドラム式

ドラム式は、シェード上部の真ん中にあるドラムで、コードを巻き取るように引っ張る仕組みになっています。手動以外に、電動タイプがあって大きな窓でも均等かつスムーズにシェードを上げることができます。